失意の渦中、思わせぶりな彼氏からのメルアド

そこに置かれた一枚のペーパーが私にも裁断を下そうとその時を待ち構えている。
いざ、自分はとうに判決を話しられたのである。
その上で本人の口から自ら成行を訊くというのは、場合によっては誠に悪徳素行だとも際思った。
いずれにせよ後2ひとときでクラスが明け、新年が幕を開ける。私は決断した。
翌年になった一時、何とか一人身の通りだったとしても肝ったまを振り絞ってそのパンドラの容器を開ける、と。
携帯に一通のショートメルアドが送られてきた。

>すぐに帰る。だから、しばし待ってて!
>ちなみに卓上に生じる報道だけど、まあ、見たら見たで素晴らしいや(汗)

語尾の(汗)とはいったい何を意味しているのだろう。少ない一文だったが、拠り所なくもか弱い情緒の徴候だった。
心音が高鳴っておる。どちらに転んでいるのか思い付か成行と、大切な者。
そのとも一気に待つという素行は自分も怒りも擦り燃やす。
まるで焦らし娯楽のような雰囲気です。私は今や成行なんてどうしてでもよかった。アイフル 利用時間