高層気象図解や等高線などについて勉強してた

天候図解などについて勉学をしました。上空の気圧分布や大気の流れを出すには、高層天候図解が用いられます。高層天候図解は、ふつう特定の気圧についてその高度を等高線で表しています。等圧面として850hPa、700hPa、500hPa、300hPaなどが用いられます。等圧面の高さがちっちゃいところは、辺りにくらべて風が気圧がちっちゃい低圧部であり、等圧部の高さが高いところは高圧部だ。上空の風は等圧面の等高線に平行に吹いていらっしゃる。冬季は大陸に高気圧が発達し、夏は海洋に高気圧が発達する結果、地上の風は季節によって大きく変化することが多いです。南北両半球の1毎月および7毎月の気圧分布と地表の風は、南緯40°から南極大陸までの間では大陸がnoので、等圧線は緯線に平行だ。これ以外の住所では、等高線は大陸や海洋のデザインに沿うようになっています。このようなことを覚えましたが、知らないことも時折あったので、知れて良かったです。

仮に学院に赴き、修得しました

不登校になりかけたちびっこも、学園に赴き、やはり,マスターできたようです。学園から戻ると、何事もなかったかのように、気持ちだ。ここは、困ってしまって、眠れないし、一心に心配して、何も握りこぶしにつかないぐらいだったと言うのにだ。
とにかく、見送りで来たので、よかったことには変わりがないだ。
ただし、だんだんと、いい気になっていて、憎たらしくもなりました。親だって、鳥獣だ。困ったら、責務を取らないといけないし、よかったら、楽始める。そういう毎日を過ごしてある。単に、いつの時世も、ちびっこの条件はデリケートです。
それでも、何より、それまでのちびっこの素行は、学園に行けなくなることを作用しかねないように感じます。見ている個々は見ているからだ。ドクターが見ているのではなく、お個々が見ているのです。
手狭と、素行も乱暴になりがちで、在宅条件はどうしようもないのですが、安定したお子さんたちが、落ち着いた等級にいると助かります。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html